YUMENO HORIZON
あつきこころでもけいをつくらん、GSプロジェクト:TEIJIの手記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広島旅行

というわけで、先輩モデラーさんの結婚式の二次会にGS軍団メンバーとして招待を頂いたので広島へ行ってきました。

アッアナゴ君・・・!?こんな姿にされてしまったのかい!?
↑宮島行きフェリー乗り場近くの穴子飯。おいしかった!

四国のメンバーらと一緒にしまなみ海道経由で広島へ上陸、その後宮島行きのフェリー乗り場で、既に到着し宮島観光を済ませてきた他メンバーらと合流。
宮島の萌えキャラ
↑宮島から戻ってきた連中が買ってきた宮島グッズ。こんな萌えキャラをマスコットにしてるんですね~。かわいい。

メンバーの大半は披露宴に参加するので車に乗り込んで会場へ移動。ここで車の定員オーバーにより一人放り出される。

このとき、別れ際におっちょ君が紙に何かを描きはじめる。
・・・コジコジ?
おっちょ君「TEIJIさん、コレ買い忘れてきたんで宮島のお土産屋さんで買ってきてください(・∀・)」

お、おつかい・・・・だと?

えー何コレ何のクエストなの。とりあえず二次会までの暇つぶしに一人で宮島観光することに。
宮島へおつかい
おっちょ君の描いた拙いメモを片手にフェリーへ・・・。

そして宮島上陸。鹿がめっちゃ居ます。
野生だそうですがかなり人馴れ・・・いや人をナメてます。
ペロペロペロリンチョ
「ペロリンチョ」

海岸線に沿ってしばらく歩くと大きな鳥居。そう、厳島神社の大鳥居です。

厳島神社の鳥居
このとき丁度潮が引いていたのですぐ近くまで歩いていくことができました。

厳島神社とズゴック
ガン見くれてんじゃねーぞコラ
通行人ガン見。

駆け足でしたが私的な観光も済ませ、戻りの足で土産屋を物色していると・・・
あった!
あったしwwwすぐわかりましたw


その後、ホテルへチェックインを済ませ二次会会場へ。僕ら以外にも大勢のご友人らが居らっしゃって、とても賑やかで楽しい二次会でした。
三次会まで流れ込んで、3時くらいまで飲んでいましたよw

それにしても結婚式って楽しい&素敵なイベントですね(酒が飲める飲めるぞー的な意味で)。
僕の結婚はいつになるやら・・・。

翌日の日曜は、呉へ行って海軍の関係の史跡を~・・・とか事前から話していたんですが飲みのダメージが思いのほか大きく、皆ホテルのチェックアウト後速攻で帰郷しました。前日に宮島観光しておいてよかったw

今日はだるくて作業にならない感じだったので原型製作はお休み。
明日から本気だします。

制作期については初っ端からマメにやりすぎた感があるので更新ペースを落とします。このままやっていったら完成までに何十回もブログを書く羽目にw

今週末はいい息抜きになりました。
スポンサーサイト

病による縁(えにし)Ⅱ

今日はワンフェスガイドブック掲載広告の原稿送付も乗り切ったので昼起きてからバイクにカメラと3脚を積んでプラッと遊びに行ってましたw
RIMG9700.jpg


まず訪れたのは昔家族と来たことのある、朝倉文夫記念館。
RIMG10162.jpg

前来たときは中学生で難しいことはよくわからなかったのですが代表作の”墓守”という作品は妙にインパクトがありずっと覚えていて、最近ふと思い立って朝倉文夫について調べてみたら、「うおーそんなに凄い彫刻家だったんだ!」ってことで、なんか造形のヒントになる様なインスピレーションをもらえるんじゃないかな~、と、美術とは1ミリも関係ない人生を送ってきたくせににわかに芸術づいて作品を観てきました。いや、中学生の頃は近所の芸短に行きたいと思っていたんですが・・・なぜ工学部に進んだし!!
(答え:当時テレビでやっていたNHKのプロジェクトXに感化されて「機械屋カッケーーー!」ってなったからですw)

で、感想ですが自分の身になったかどうかはさておき、色々知ることや感じることが出来て面白かったです。ロダンやミケランジェロが足元も及ばないくらいの作品数を作っていたり、無類のネコ好きだったということから作られた無数のネコの彫像が物凄く的確にネコの特徴を捉えていて活きていたり、裸婦像の造形が極めて写実的であるが故に最近の女性と体つきが違うのがよくわかったり(今のように生活が機械化されていない当時のこと、最近の女性より筋肉が発達しているかんじでした)。
あと、同年代を生きた郷土ゆかりの音楽家:滝廉太郎と学友で、滝廉太郎の没後、11歳当時の面影を思い浮かべながら複雑な心境で滝廉太郎の像を作ったとか・・・。

そういえば今年は”墓守”制作からちょうど100年なんですね。
この墓守、制作動機がなんというか意外で、今風に言ってみると「いつも墓場で会う墓守のオッサンが深イイかんじだったので作ってみた」なんだそうです。fg的というかなんというかw


次に訪れたのは竹田(たけた)市の紅葉の名所、用作(ゆうじゃく)公園。
ものすごいいい感じに色づいていたんですが既に日が落ちかけて影っていたのと、新しいカメラの操作に慣れていないのとで満足な写真が撮れませんでした。明日またリベンジ・・・いや、真面目に原型造りますよw
いい写真が撮れなかったものは仕方がないので3年前撮った写真でも。
RIMG4561.jpg
RIMG4564.jpg
RIMG4548.jpg



そして最後は今日のメインイベント、毎年来ている竹田市のお祭”竹楽(ちくらく)”。
風情ある岡藩の城下町に竹の燈篭を無数に並べるというお祭です。すごくきれいで幻想的なんですよ~。
けっこう頑張って写真を撮ってみたので何枚か。
雰囲気が伝わるでしょうか。。。
RIMG10117.jpg
RIMG10136.jpg
RIMG10152.jpg
転んで竹の上で串刺しになったら嫌ですね。



その後、武家屋敷で琴の演奏をする姉貴のカメラ係をさせられる羽目に。
RIMG9785.jpg
曲は滝廉太郎の”荒城の月”など。

ちょっと会っておきたい人が居て、屋台村にも立ち寄ってみました。
RIMG9781.jpg
2年前腕を折って40日くらい入院していた時に隣のベッドに入院してきて、

「竹楽の屋台の準備しねえと・・・アレがウチの店(竹田市で居酒屋をやっているそうです)の儲けを左右するから入院してる場合じゃねーんだよ!」

とか言って結構重症だったっぽいのに2日間ぐらいで退院していったおっちゃんがここで屋台を出しているんですよね~。
このおっちゃん、入院してる時こっそり病院抜け出して買ってきた生ハムを

「病院食ばっかじゃ、味気ねぇだろう」

と分けてくれたりしたんですよね。
次々と病室や隣の入院患者が入れ替わっていく中でストレスが溜まってて

「このおっちゃんともたぶん口利かない・・・」

とスルー予定だったところに不意打ちを喰らって泣きそうになったんだよなぁ。。。
去年このお祭にきたとき「そういや竹楽で屋台がどうとか言ってたっけか・・・」と頭の片隅にありながら、数多に屋台がある中でまさかまた会えるとは思ってなかったのに偶然再会したときの感動が忘れられず今年も生存確認?がてら屋台で豚汁と地鶏飯を食べました。去年は声かけたけど、実は話すことなんかひとっつも無かったりするので今年は別に声をかけませんでした。向こうはこっちに気付いただろうか?

どちらにせよ、来年もおっちゃんの顔を見に行こうっと。
生ハムの恩は一生忘れないぜ!w

カッとなって

先々週の3連休に四国を縦断してきました。
IMG_1531.jpg


本来の目的はいつもどおり(になってしまったw)ろんめるさんちへの慰安旅行(という名のGS軍団原型合宿)のはずで、いつもより旅程にも余裕があったはずなのですが・・・

連休前に、大学時代の後輩からこんなメールが。

IMG_1539.jpg

日付に注目。

IMG_1539a.jpg


ぜ、前日・・・・だと・・・?

お 前 は 馬 鹿 で す か 。

というわけで愛媛をオーバーランして文字通りノンストップで四国縦断!
四国に渡るついでだから集合場所だけ顔出しました。
IMG_1540.jpg
(じつはナビ付きだったCB1300SB。)


しかし徳島市でそれは起きた・・・

下道を走行中、リュックの紐が破損して脱落、路面に転がったリュックは車に踏まれ中に入っていたPSPや未使用新品のマジックスカルプ(エポパテ)がオシャカになり、そしてろんめるさんちで写真取れる状態まで作業を進めて監修写真を提出するはずだった撫子の原型の一部が無残にも爆砕。

ろんめるさんちでは、食事に出かける意外黙々と原型の修復・仕上げに勤しんでいましたとさw

というわけで監修写真を提出したトレフェスinAKIBA向けの千石撫子(化物語)。
IMG_1497.jpg

写真ではジャケットが間に合ってませんが現在製作中です。WF用新作も作り始めちゃったので停滞してますがうまく両立させたいですね。

TEIJI以上の遠方からはるばるやって来たGEKKOくんも強風で列車の運休に遭ったりといろいろ苦労した様子。どうやら四国という大陸には何かスピリチュアルなパワーがあるようですなw


死酷遠征記

始まりはあまりに唐突だった・・・
IMG_1302.jpg

土曜の夕方、次回作のフィギュアの元になる素体のパーツ(今回はエポパテでいきます)を硬化させ、アルミ線で繋いで骨格を作ろうとピンバイスで穴を開けていたらろんめるさんから電話。

ろ:「いま神戸で本州のGS軍団メンバー数人拉致って四国に帰る途中なんだけどさぁ、四国来ない?」


あ~、そういや機動戦士ガンダムユニコーン第1話の上映会を観に行くとか言ってたっけか・・・


て:「そんな無茶な振り方されたら・・・僕マジで行っちゃいますけどw」

ろ:「いや、本気にしなくてもいいんだけどさ、結構人間集まるからどうかな、って。ちょっとSCYTHEさんにかわるよ」

SCYTHEさん:「TEIJI君絶対に来ちゃダメだ!!」

て:「ダチョウ倶楽部的な意味ですよね、わかりましたwww」

というのが遠征決定の経緯。毎度、すばらしいヤッツケ旅だww

突然すぎて荷物をバイクに乗る大きさにまとめきれなかったためクルマで行ったのですが過去3回バイクで行った時の感覚でフェリーに乗ったら運賃が予想をはるかに超えていて驚愕しましたよー。次からは、間違いなくバイクで・・・

フェリーの車両甲板開放の瞬間がかっこよすぎたので掲載。
IMG_1303.jpg
アークエンジェル入港。

IMG_1305.jpg
モビルスーツデッキOPEN

IMG_1308.jpg
発進!(燃える!!)


現地では鍋をやったり次回イベントの打ち合わせをしたり道後温泉に入ったりして来ました。

IMG_1313.jpg
素体のパーツ接続なんかもちょこっと。

IMG_1314.jpg
ポーズをつけて遊ぶ。画力はウンコ。作業はコレだけ。



松山のとんかつ屋でとんかつパフェなるものも食べて来ました。
IMG_1321.jpg
なんという悪意。とんかつが6枚も乗っていやがります。

IMG_1317.jpg
メニューにあった物体X。何が入ってんだよ!

IMG_1318.jpg
壁にかけてあった写真。これはねーよwww




突貫旅でちょっと疲れましたがGS軍団関係者の西日本メンバーがほとんど揃うという大所帯でパワー貰って帰ったので今週はモチベーションが高くて素体制作もサクサク進んでます。もうちょっと進んで見せられる状態になったらまた日記に載せますね!

超音速旅団JETGONE

RIMG6901.jpg


この超音速の旅人、TEIJIこと"JET GONEⅡ(ジェット・ゴーン2世)"は

ときに常軌を逸した機動力を発揮し

たった一晩にして途方もない距離を旅することが出来る



ロング・ディスタンスに魅せられた

かつて少年の頃の衝動を忘れてしまった者から

たとえどんなに窘められようと、蔑まれようと・・・

この煮えたぎった切先を

遥か地平=ユメノホリゾンから反らすことなど不可能である。


我こそは、バイク乗り










というわけで、なんか唐突に四国のろんめるさんとこに行ってきます。
















いや、クルマでマッタリ行くんですけどね。







ワンフェスレポその3は・・・・いずれwwww



プロフィール

TEIJI

Author:TEIJI
PROFILE(English version )
ガレージキットディーラー:GSプロジェクト
でフィギュアの原型を作ってワンダーフェスティバルやトレジャーフェスタなどのイベントに参加しています。
模型以外にもバイクのこととか書いたりします。

fg
fg(Old)
Twitter

Message: sada747★gmail.com(★→@)

Photo:Oshino Shinobu
(Illustrations by redjuice. Sculpture by TEIJI. Finishing by Gyopi-Maru.)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。