YUMENO HORIZON
あつきこころでもけいをつくらん、GSプロジェクト:TEIJIの手記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウチの黒い4連星。

年始に完成させて模型屋のプラモデルコンテストに出した1/100ガンダムデュナメス。


先日結果を観に行ったらなんと優勝を頂いていました。
月イチ開催で参加者もけして多くは無いいわゆる草コンテストですが、頑張って作った作品に結果が付いてくると励みになりますね!

で、優勝商品は3000円分の当店商品とのことなので先日発売されたばかりのザクⅡR1黒三仕様をゲット。(当然足が出たので差額は現金で。)

実はTEIJI、結構なザクのヘビーユーザーで、MGのザクシリーズだけで8種類も買ってたりします。
特に黒三シリーズは小学校の時買ったHJ刊ガンダムウェポンズ・ザクR編の影響が強く、旧MGの黒三R1、黒三ザクⅠ、ついでにドムまでコンプリートしてます。というわけでオマケフィギュアもコンプリート。
そういやこの三つと旧ザク量産カラーを4つが今から9年前にほぼ同時発売で、当時TEIJIは中学生だったんですがち丁度小遣いがいっぱいあったときなので同時に4つ予約してお店の人をビックリさせたこともあったっけ。ちなみに今はもう無いパルコ大分のポストホビーでの事。。。

というわけで我が家の黒三シリーズ、整列!




・・・欠品ひどっw

つか何気にドムがものすごいことになってますw(スーパーファミコン版ガンダムF91に登場するRFドムへの改造中で絶賛放置中。ああもう、俺の模型史ってこんなんばっか!)

MGザクⅡVer.2.0はもちろん随所に技術革新が見られる良キットですが、こうして並べてみると旧MGもまだまだ色褪せない魅力がありますよね。TEIJIにとってのザク原体験はまさに旧MGシリーズなのでその影響もあるんでしょうが。

とにかくザクはアツイってことですよ。
バンダイさん!もっといろいろマイナーなザクをキット化してちょーだい!!



あ、前回の続報。パテ届きました~
RIMG5144.jpg

スポンサーサイト

軽量エポパテ活用法。

切削性が良いので昨シーズンからメインマテリアルとして大量に使うようになったウェーブの軽量エポパテ。削り易い反面、最初は粘土状であるが故に面やブロックの精度を出すのに苦労したりと戸惑っていたのですが、ファイヤーワラビー新造の際

「予め板材を作っておいてそれをバキバキッと切り出して接着剤で組んでいけば効率よく形状出しが出来て材料の無駄も少なくなるのでは?」

と考えやってみたら案の定ラフ出しが楽になったので板材の作り方紹介~。

用意するもの。
RIMG5126.jpg


●エポパテ
●欲しい厚みと同じ寸法のプラ棒など
●平らな板(今回は厚み3mmのアルミ板を使用)
●ハンドクリーム
●適度な太さの伸し棒(今回は直径10mmのアルミ棒を使用)

今回は6mmの厚さが欲しかったので写真ではTAMIYAの3mmプラ棒(角)を瞬着でくっつけて6mmにしてます。
ハンドクリームはメンタムでもいいですが写真のユースキンは伸びがよくエポパテを練る時も便利。無論本来の用途でも使いますw


RIMG5127.jpg

で、エポパテを練って塊を作ったら表面にハンドクリームを塗って癒着を防ぎます。
んで、さらにアルミ板の上にもハンドクリームを塗っておきます。塗りすぎると出来上がった板材の表面が汚くなるので注意。つか指汚っw

RIMG5128.jpg

そしてアルミ板の上に空気を噛まないよう適度にエポパテをくっつけ、プラ棒を配置したらこっからが本番。

RIMG5130.jpg

いきなり伸していくとうまくいかないのでまずは段状につぶしていきます。あ、伸し棒にもハンドクリームを。

RIMG5131.jpg

ある程度平らになったら伸し棒を転がしてプラ棒と面一にします。

RIMG5133.jpg

さらにある程度面一になったところで仕上げ。伸し棒を転がさずに滑らせて平滑度を上げます。ホコリ噛んでる・・・

この時期寒くてエポパテが硬くなりがちなので、作業しにくい時は暖房の前やドライヤーで暖めると作業がしやすくなります。くれぐれも火災とやけどには注意!

以上で板材作り完了。完全硬化するまで気長に待ってからはがしましょう。焦って半硬化ではがすと平面度が下がります。
切り出す時は表と裏から厚さの3分の1ずつカッターで切込みを入れてパキンと折ると結構きれいに切り出せます。適度に柔らかい為深くカッターが入ってくれるので6mm厚でもこの方法できれいに折れました。

RIMG5134.jpg

接着はウェーブの黒い瞬着がお勧め。適度に柔軟性があるので接着面だけ硬度差で削りにくい、なんてことがない上に、複雑な形状に組む際は消えないケガキ線として機能してくれます。
RIMG5135.jpg

写真は6mm厚を2枚張り合わせて作った12mmのブロック。

そうそう、板材は必要が生じてから作るのではなく、予め何種類かの厚みで大量に用意しておくことが重要です。あとちょっと、というところで足りなくなったらモチベーション下がりますもんね。
RIMG5115.jpg


というわけでバキバキッと胴体再構築中~
RIMG5136.jpg


ふ~、写真多かった。

これでエポパテの在庫があと少しになったんで注文しとかなきゃ。

久々再開にして泥沼

正月にガンプラ一体塗った後、ほったらかしの作品が多すぎて次に何やるか定まらず、気が付けばもう1月も下旬。このままじゃヤベー!

ということで志が高すぎて既にグダグダと化したガーベラテトラをいじってみました。
ちょくちょく手にとってここがダメとか、ここはこうしたら・・・とか考えてはいたんですが今の目で見ると全部ダメ。フォルムには絶対の自信があるけど各ブロックのディメンジョンやらシンメトリーもガタガタで面はうねってるし関節はクソだし・・・・

で、胴体。
RIMG5111.jpg

ガレージキット原型を何点か経験した今の目で見ると
「よくもこんなパーツを分割もせずに作りやがったな!」
とか思ってしまいます。

狂ったディメンジョンを治すにはブロックごとに分割して切断ラインを整えるしかないので、ノコギリでぶった切る作戦。

ギーコ ギーコ・・・

この間買ったピラニアンソーは切れ味抜群だなー!


RIMG5113.jpg


・・・

・・・・・・

ゴミになった!!

断面を見てみるとプラからエポパテからレジンからポリパテ・・・全マテリアル大集合!な状態。ところどころ加工性は違うわ思ったよりディメンジョンの狂いが大きいわ・・・
こりゃ修正するよりイチから作り直したほうがはやいな~・・・・

背中の球面と胸部とフンドシは流用できそうだし手本はあるのでディメンジョンの狂いを補正しながら採寸してコピーという形でそれほど形状出しに苦労することなく新造出来るとは思います。ブログ開設前に頭部もヘルメット部以外を同様の方法で新造しているので。

こんなかんじ
RIMG5114.jpg

ここもマテリアル混在で経年による収縮差とかで危険な状態でしたからねー。

というわけで今後は収縮の少ないエポパテメインで作業を進めていく方針です。

日本一遅いキャラホビリポート。

どうもお久しぶりです。そろそろ日記を何とかしなきゃとは思いつつhtmlで製作記などを毎回毎回更新するのは面倒臭すぎるので心機一転、ブログデビューと相成りました。今後とも宜しくお願い申し上げます。


で、本家HPにて全ての更新が停止したのが去年の夏のキャラホビ直後。

”レポート、キット製作サポートなどは週末あたりUP予定です”

とか書いてましたが週末っていつだ。世界の終末か。

うーん、作ったモノを世に放っておいて、やりっ放しはヨクナイですね。。。

とか言いつつ自分の腕じゃ「ネットでフィギュアの作りかたを検索したほうがうまくいきますよ」としか言えない現状。今年展示用サンプルを塗り直す機会があったらそれを追っていく形で公開しようとは思っています。


更新止まってた去年の夏以降の活動状況など。。

プラモをパチ組みしたりHGUC一体大改造したり1/100を一体仕上げたり。
完成した1/100については撮影する間もなく模型屋のショーウィンドーにブチ込んだので引き上げ次第撮影して掲載します。
あとは新発売の石粉粘土を買ってきてフィギュアの習作とかやってましたが繊維が荒くて仕上げ方法が壁となり放置中。

去年も
手出した作品数>>>>>>>>完成した作品数
な1年だったけど今年はイベントも申請した全アイテムちゃんとやりきって趣味の個人製作でも完成品が増えるといいな~。


というわけで日本一遅いキャラホビリポート。
本来前日の現地入りが望ましいのですが本職の都合でそれができず出発は何と当日(8月18日)の朝、大分-羽田の第1便にて。
空港までのホーバーや飛行機の窓から見える主翼に妄想を膨らましつつ(主翼のディテール観察や、「このホバークラフトはどうやってトランスフォームするのか!?」など。実写トランスフォーマーやってた頃ですからね~)午前10時前羽田に到着、その後は高速バスに乗り、11時に幕張メッセへ到着、ProjectGXのK-WORKS氏やGEKKO君と合流。

ティファの販売に関しては今回初めて完全な状態でキットを出品できた(量産数・インスト・完成見本の準備など)ので、イベント参加3年目にしてようやく実力でぶつかれた、というかんじでしたね(「間に合ってれば・・・」とかの言い逃れが出来ない客観的評価を下せる状態ってこと)。まぁ、完売には至らなかったわけですが買ってくれた人が居る!!利益どうこうじゃなく、”自分の作ったものが世に出た喜び”みたいなものをひしひしと感じました。利益が出ないと次の活動に繋がらないのでガッカリしなかったわけではありませんが両者は別のベクトルの話なのでw

打ち上げでは最近自分が弱体化してることを考慮しないペースでガンガン飲んでしまい皆様にご迷惑をおかけしました・・・
「荷物が消えた!何処に置いてきた、置き引きか!?」と一時騒然となった記憶が・・・
真相は介抱の為外へ連れ出していただいている間に隣の部屋との間の段差に荷物が落ち込んでおり発見できなかったわけですがお店に人に発見してもらい一件落着・・・
ホントお騒がせしてしまって申し訳ありません。思う存分愚痴を吐けとは言われましたが愚痴のかわりに思う存分ゲロを吐いていました。

この日は無計画に上京してきていたもので、今年も無理を言って某プロ氏宅にお邪魔させていただきました。色んなお話が聞けてよかったです。大変お世話になりました~

日曜はプロ原型の限定ガレージキットを買うべく朝からキャラホビに並ぶ・・・つもりだったのですが収益がさっぱりだったのでプロ氏から教えていただいた情報を元に午後2時くらいまで吉祥寺散策。ウェーブBJやヨドバシカメラ、ユザワヤなどを見て周りながらちょこちょこ買い物を・・・と思ったけど財布の紐をかなりセーブしてしまった・・・まあ意外と地元でも手に入らないことはないものが多かったというのもありますが。でもB-Jで超音波カッターの試し切りをさせてもらうのを忘れたり軽量パテの安売りを忘れていたりB-Jで買ったメスみたいなナイフが他所で100円も安かったりと心残り満点ですw

その後は電車でキャラホビ会場へ。4時ごろ着いたのですがなんだこの閑散っぷりは・・・おかげでゆっくりプロの作品を撮影できましたが。

そして5時ごろ会場を後にして羽田へ行き、最終の飛行機で大分へ帰ってきました。

今回参加するにあたって助言や激励をくださったりご一緒させていただいたり現地で刺激を与えてくださったりした諸氏、大変お疲れ様でした。そして、有難うございました。またいつかイベントでお会いしましょう!


で、2008シーズンの私のキャラホビ参加計画。ティファの再販(在庫一掃を以て絶版)と今回間に合わなかったワラビーver2.0。以上2点です。新作はナシの方向で!
ワラビー出せなかったのが今年で2回目なのでそろそろ出しとかないと・・・
いや、一昨年多くご質問を戴いてビックリしたんで「こんだけ期待されてたらヤッツケの去年の原型そのまんまじゃ出せないぞ・・・」ということでの新規作り直しだったのですが今年もまた危うくヤッツケで出すところでした。いや、ヤッツケでも間に合わなかったでしょう・・・
去年も多く販売のご要望を戴いたので今年こそ決定版を出してやる!

原型作業は・・・進んでない!!

Welcome to the YUMENOHORIZON(horizon of a dream)

Hello, I am TEIJI.
I am a man in his twenties.
I am a member of the GS project.
I have enjoyed the sculpture and motorcycle(Honda 1300cc & 100cc).
I am a Japanese, I can not write English.
If you want to read in their native language, please use the translation services Web.
(Since the extensive use of slang unique to Japan, you may not be able to translate accurately.)

Message: sada747★gmail.com(★→@)
(Business with people who do not understand the Japanese language is not allowed.)


IMG_1589.jpg
1439494388_107a.jpg
RIMG3830_20121026101757.jpg





プロフィール

TEIJI

Author:TEIJI
PROFILE(English version )
ガレージキットディーラー:GSプロジェクト
でフィギュアの原型を作ってワンダーフェスティバルやトレジャーフェスタなどのイベントに参加しています。
模型以外にもバイクのこととか書いたりします。

fg
fg(Old)
Twitter

Message: sada747★gmail.com(★→@)

Photo:Oshino Shinobu
(Illustrations by redjuice. Sculpture by TEIJI. Finishing by Gyopi-Maru.)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。