YUMENO HORIZON
あつきこころでもけいをつくらん、GSプロジェクト:TEIJIの手記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病による縁(えにし)Ⅱ

今日はワンフェスガイドブック掲載広告の原稿送付も乗り切ったので昼起きてからバイクにカメラと3脚を積んでプラッと遊びに行ってましたw
RIMG9700.jpg


まず訪れたのは昔家族と来たことのある、朝倉文夫記念館。
RIMG10162.jpg

前来たときは中学生で難しいことはよくわからなかったのですが代表作の”墓守”という作品は妙にインパクトがありずっと覚えていて、最近ふと思い立って朝倉文夫について調べてみたら、「うおーそんなに凄い彫刻家だったんだ!」ってことで、なんか造形のヒントになる様なインスピレーションをもらえるんじゃないかな~、と、美術とは1ミリも関係ない人生を送ってきたくせににわかに芸術づいて作品を観てきました。いや、中学生の頃は近所の芸短に行きたいと思っていたんですが・・・なぜ工学部に進んだし!!
(答え:当時テレビでやっていたNHKのプロジェクトXに感化されて「機械屋カッケーーー!」ってなったからですw)

で、感想ですが自分の身になったかどうかはさておき、色々知ることや感じることが出来て面白かったです。ロダンやミケランジェロが足元も及ばないくらいの作品数を作っていたり、無類のネコ好きだったということから作られた無数のネコの彫像が物凄く的確にネコの特徴を捉えていて活きていたり、裸婦像の造形が極めて写実的であるが故に最近の女性と体つきが違うのがよくわかったり(今のように生活が機械化されていない当時のこと、最近の女性より筋肉が発達しているかんじでした)。
あと、同年代を生きた郷土ゆかりの音楽家:滝廉太郎と学友で、滝廉太郎の没後、11歳当時の面影を思い浮かべながら複雑な心境で滝廉太郎の像を作ったとか・・・。

そういえば今年は”墓守”制作からちょうど100年なんですね。
この墓守、制作動機がなんというか意外で、今風に言ってみると「いつも墓場で会う墓守のオッサンが深イイかんじだったので作ってみた」なんだそうです。fg的というかなんというかw


次に訪れたのは竹田(たけた)市の紅葉の名所、用作(ゆうじゃく)公園。
ものすごいいい感じに色づいていたんですが既に日が落ちかけて影っていたのと、新しいカメラの操作に慣れていないのとで満足な写真が撮れませんでした。明日またリベンジ・・・いや、真面目に原型造りますよw
いい写真が撮れなかったものは仕方がないので3年前撮った写真でも。
RIMG4561.jpg
RIMG4564.jpg
RIMG4548.jpg



そして最後は今日のメインイベント、毎年来ている竹田市のお祭”竹楽(ちくらく)”。
風情ある岡藩の城下町に竹の燈篭を無数に並べるというお祭です。すごくきれいで幻想的なんですよ~。
けっこう頑張って写真を撮ってみたので何枚か。
雰囲気が伝わるでしょうか。。。
RIMG10117.jpg
RIMG10136.jpg
RIMG10152.jpg
転んで竹の上で串刺しになったら嫌ですね。



その後、武家屋敷で琴の演奏をする姉貴のカメラ係をさせられる羽目に。
RIMG9785.jpg
曲は滝廉太郎の”荒城の月”など。

ちょっと会っておきたい人が居て、屋台村にも立ち寄ってみました。
RIMG9781.jpg
2年前腕を折って40日くらい入院していた時に隣のベッドに入院してきて、

「竹楽の屋台の準備しねえと・・・アレがウチの店(竹田市で居酒屋をやっているそうです)の儲けを左右するから入院してる場合じゃねーんだよ!」

とか言って結構重症だったっぽいのに2日間ぐらいで退院していったおっちゃんがここで屋台を出しているんですよね~。
このおっちゃん、入院してる時こっそり病院抜け出して買ってきた生ハムを

「病院食ばっかじゃ、味気ねぇだろう」

と分けてくれたりしたんですよね。
次々と病室や隣の入院患者が入れ替わっていく中でストレスが溜まってて

「このおっちゃんともたぶん口利かない・・・」

とスルー予定だったところに不意打ちを喰らって泣きそうになったんだよなぁ。。。
去年このお祭にきたとき「そういや竹楽で屋台がどうとか言ってたっけか・・・」と頭の片隅にありながら、数多に屋台がある中でまさかまた会えるとは思ってなかったのに偶然再会したときの感動が忘れられず今年も生存確認?がてら屋台で豚汁と地鶏飯を食べました。去年は声かけたけど、実は話すことなんかひとっつも無かったりするので今年は別に声をかけませんでした。向こうはこっちに気付いただろうか?

どちらにせよ、来年もおっちゃんの顔を見に行こうっと。
生ハムの恩は一生忘れないぜ!w
スポンサーサイト

一番くじプレミアム西尾維新アニメプロジェクト C賞 八九寺まよい

先日始まった一番くじプレミアム西尾維新アニメプロジェクトをやってるコンビニを店舗検索で調べて昨日の夜中に車を走らせてきましたw

800円っていう値段は一回引くだけならそんな大げさな数字じゃありませんがドツボにハマッてしまうととんでもないことになるので(w)、
「6回引ききったらどんな結果でも手を引く!」
という自分リミッターを設けて引いてみると・・・






うおーーーー!






一番くじプレミアム西尾維新アニメプロジェクト C賞 八九寺まよい
一番狙いだった真宵がでました!

こんなにすんなり狙い通りのものが当たると思ってなかったのでホクホクしながら帰りましたとさw

ちなみに他はH賞のきゅんキャラが4つ、G賞のクリアファイルセット1つが当たりました。






化物語の八九寺真宵は、とても思い入れのあるキャラ。
ろんめるさんから「このキャラ作ってみない?」と持ちかけられ、ワンダーフェスティバルに2010冬で初参加するきっかけになった、私TEIJIにとって記念すべきキャラなのです。

色んな人から愛されているこのキャラのおかげでWF初参加にして持ち込んだ版元様からの個数上限30個を(夕方までかかりましたが)完売したのがすごく嬉しかったので味を占めたのと、忙しくてあまり色々なアニメを見ていられないのでその後も化物語キャラで攻めていこう!ということになり、八九寺の次は6月のトレフェスアキバに私服撫子をつくり、そして先のワンフェス2010夏で大変な反響を頂いてしまった忍に繋がる道は全部、八九寺から始まったんですよね。

あのとき「俺はこんなロリフィギュア作るキャラじゃねーよw」とアニメを観もせず断っていたら?
夏の本命原型をワンフェスではなく別のイベント向けの別の作品にしていたら?
ワンフェス直前に公開の化物語最終話で忍が大活躍していなかったら?

どれかひとつでも欠けていたら今のモチベーションはありえなくて、
「今期は無茶しすぎた・・・」
とか言ってまた年一作のペースに戻っていたことでしょう。

そんな、八九寺真宵というキャラを発端とする数々の偶然に支えられて今のTEIJIがあるわけなので、
ちょっと今回のくじの結果には運命を感じられずにいられないのでした。





・・・若干似てね?
それにしても・・・若干似てね?w
そういえば一番くじの真宵はDVDジャケットカラーなんですねー。









ブログ更新ついでにワンフェス2011冬向け:蒼崎青子(魔法使いの夜/TYPEMOON)進捗など。
ワンフェス2011冬 GSプロジェクトEX 新作 原型TEIJI 蒼崎青子(魔法使いの夜)
ようやく髪盛りはじめました。今回はベルグ様の手を煩わせない原型を作ろうと思ってたけど・・・ちょっとどうだろうw

ワンダーフェスティバル2011冬 GSプロジェクトEX 新作 原型TEIJI 蒼崎青子(魔法使いの夜)
まだ全然パーツ足りてないんですが既にパズルの予感。WFガイドブック掲載広告の原稿入稿リミットである週末までに元絵のボリュームに追いつきたいですね~。積層構造になっちゃうのですが一日一層盛るのがやっとというw

まあかなりいいところまで着てるかんじはするので現状のままサフ吹いてとりあえず撮影しても問題ないかもしれませんけどね~。

ではまた!

ご来場ありがとうございました!トレフェス神戸2   by GSプロジェクト

帰着報告遅れましたが10/31開催のトレジャーフェスタin神戸2にて当GSプロジェクトの卓に見えられた皆様、
どうもありがとうございました!
GSプロジェクト TFin神戸2

私TEIJIは前後日の仕事が休めなかったので九州から新幹線で日帰りの強行軍で参加してきましたw

トレフェスin神戸 GSプロジェクト 忍野忍
今回は再販品の忍野忍キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードに関して、GS軍団初の抽選くじの運用となり多くの不安を抱えながらの参加となりましたが、多くの課題を感じつつもひとまずは大きな混乱もなく100枚ほどの発券枚数を無事配布し終えることが出来、ほっと胸を撫で下ろしています。

販売が落ち着いてからもダラダラと卓に居てしまい色んな卓を見に行ったり、最近お知り合いになった方たちのところへご挨拶へ向かうのが送れてしまい、当初思っていた半分も動き回れませんでしたし買い物も全然出来ませんでしたが、そんななかでもお話できるのが奇跡なくらい有名な方や憧れだった人たちとお会いすることが出来ましたし非常に心に残るイベントになりました。

次回12月のトレフェスin有明ではさすがに今回の反省を活かしてもうちょっと動き回りたいかなw





その後の打ち上げではろんめるさんが人気上昇中の若手原型師を数人つれて来ていて(この人の人脈は毎回良くわかりません。)とても面白かったです~。
でもWF2011冬向けのスパロボ系カラーレジンキットの成型に関する壮絶な打ち合わせを繰り広げるメカ造形軍団に挟まれてあまりちゃんとお話できなかったorz私は新幹線で九州へ帰るために途中離脱しちゃうし。またちゃんとお話しましょうね!w
GSO WF2011冬向け カラーキャスト会議w
↑製作の指標となるハイポリマン先生のSD画を中心にアツい議論を交わすメカ軍団。打ち合わせ内容がシビアかつガチすぎてたぶん若手さん達はビビッたのではないか・・・





少ないながらも撮ってきたいくつかのフィギュアの写真、掲載して紹介したいんですが前述の通り思っていた半分も見て回れてなくて偏った内容になってしまうので割愛させていただきます。ていうか私が撮ったへたくそな写真なんかより上手に撮れてるレポートがネット上に一杯載ってるのでそっちでご覧下さいw

今回、忍の展示品はぎょぴ丸さんさんに塗っていただいた個体のほかに、TF直前にredjuiceさまへのプレゼント用に私が塗り上げた新完成品も持っていきました~。
忍野忍 redjuice GSプロジェクトEX TEIJI
何度も書きますがホワイトレジンながら狂気の薄肉成型でスカート透けます。
ベルグの技術は世界いちぃぃぃぃぃぃぃ!!
忍野忍 redjuice GSプロジェクトEX TEIJI 2
エン●ルフレンチmgmg...

実は以前も一体塗り上げていたんですが前回の日記記載の理由で塗りなおしました。これで忍を塗るのは3体目ですw
ちょこっと塗装に修正を加えて写真を撮ったらようやく忍は絵師様のところへ還って行きます。長かったな~・・・



それと1点サプライズ。
IMG_1364.jpg

本の発売日であるTF前日から「載ってるぞ!」と噂は聞いていたんですがフィギュア雑誌レプリカント41号。九州では二日以上遅れての入荷となり当然この時点で誌面を目にしていなかったんですが仕事を終えて遊びに来たキョン君GSプロジェクトEX)が買ってきてくれました~。
ぎょぴ丸さんフィニッシュの忍を以前スタジオで撮影していただいていたんですがまさかの目次ページ背景、そしてWF作品一番最初の掲載!
特に目次ページでは夢のカグツチノ公国の戸田さん原型の超美麗セイバーさんと共演させてもらってまして嬉しいやら申し訳ないやら・・・

なんか今回の忍製作で一生分のガッツや運を使い果たした気がしないでもないですが次回作の青子(3週間放置中w)も今回と負けず劣らずの反響をいただけるよう頑張って製作していきたいとおもいます。

今後もGS軍団GSO,GSプロジェクト,GSプロジェクトEX ほか)とTEIJIをよろしくお願いします!



プロフィール

TEIJI

Author:TEIJI
PROFILE(English version )
ガレージキットディーラー:GSプロジェクト
でフィギュアの原型を作ってワンダーフェスティバルやトレジャーフェスタなどのイベントに参加しています。
模型以外にもバイクのこととか書いたりします。

fg
fg(Old)
Twitter

Message: sada747★gmail.com(★→@)

Photo:Oshino Shinobu
(Illustrations by redjuice. Sculpture by TEIJI. Finishing by Gyopi-Maru.)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。