YUMENO HORIZON
あつきこころでもけいをつくらん、GSプロジェクト:TEIJIの手記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


We are pilots!!

母校チームがここ数年書類審査落ちで大会に参加してないので観ていなかったのですが、
数年ぶりに鳥人間コンテストの放送を見ながら目頭を熱くしていました。

01.jpg

事あるごとに語るので周りの人間はウンザリしてるとおもいますが(w)、
僕も大学の頃琵琶湖の鳥人間コンテストに参加していました。
↑は僕が設計主任とパイロットを兼任した年の機体。
大学4年間でよく飛んだ年もダメだった年もあったわけですが、この年は学生初の滑空機による300m級フライトを標榜してプラットホームを蹴り抜いた直後、降下加速後の急速機首上げによる巡航への移行に失敗して40km/hに迫るトップスピードで琵琶湖の湖面に叩きつけられ木端微塵に爆散した上に、学生初の300mフライトは別のチームに持って行かれました。それからこっち燃え尽き症候群。
まあこのときの葬式感ときたらマジ半端なかった!!!


報われるかどうかも分からない事に青春を費やせない、と去っていく奴もいた。パイロットの座を巡る確執、方針を巡る衝突・・・いろいろありました。
それでもメンバー共通の夢、大局を見据えて最後まで一緒に戦い抜いた戦友達は大学を卒業して散り散りになった今でも一生の宝物です。
毎晩遅くまで残って一生懸命馬鹿やったりケンカしたりしながら夢を見ていた頃が懐かしい。
あの日に返れるならもう一度やり直したいものです。

05250034.jpg
RIMG0976.jpg
07030022.jpg
RIMG0457.jpg
うわああああああああああああああああああああああ



夏草や 兵どもが 夢のあと
母校のチームは90年代、自費で琵琶湖に集まった有志の学生達が湖畔で拾い集めた機体の残骸をもとに、到底飛びそうもない最初の機体案を手書きの三面図に起こしたのが最初と聞いています。
どこかの若者たちの悔し涙と共に散った主翼リブと思しき写真の残骸も、誰かが拾い上げて新しい夢への糧となるのでしょうか。

胸熱。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

TEIJI

Author:TEIJI
PROFILE(English version )
ガレージキットディーラー:GSプロジェクト
でフィギュアの原型を作ってワンダーフェスティバルやトレジャーフェスタなどのイベントに参加しています。
模型以外にもバイクのこととか書いたりします。

fg
fg(Old)
Twitter

Message: sada747★gmail.com(★→@)

Photo:Oshino Shinobu
(Illustrations by redjuice. Sculpture by TEIJI. Finishing by Gyopi-Maru.)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。